懸想(読み)ケショウ

デジタル大辞泉の解説

け‐しょう〔‐シヤウ〕【懸想】

けそう(懸想)

け‐そう〔‐サウ〕【懸想】

[名](スル)《「けんそう」の撥音の無表記》思いをかけること。恋い慕うこと。けしょう。「ひそかに懸想している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けそう【懸想】

( 名 ) スル
〔「けんそう」の撥音「ん」の無表記から〕
異性に思いをかけること。恋い慕うこと。 「窃かにお鈴に-して/薄命のすず子 お室

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懸想の関連情報