戦争権限法[アメリカ合衆国](読み)せんそうけんげんほう[アメリカがっしゅうこく](英語表記)War Powers Act; War Powers Resolution

  • せんそうけんげんほう
  • アメリカがっしゅうこく
  • アメリカ合衆国
  • 戦争権限法

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ合衆国大統領がもつ,連邦議会(→議会)の同意なしに戦争行為を行なう権限に,制約を設けた法律。1973年にリチャード・M.ニクソン大統領の大統領拒否権をこえて成立した。アメリカ合衆国憲法では,宣戦布告の権限は議会にあるが,朝鮮戦争ベトナム戦争などは議会の宣戦布告なしに開戦している。ベトナム戦争への反省から,また第2次世界大戦後に過大となった大統領権限に議会が歯止めをかけるために制定された。大統領が外国への隊派遣を決定するときは事前に議会と協議すること,軍の投入後 48時間以内に書面で議会に報告を行なうこと,議会が承認せず宣戦布告を行なわない場合は 60日(必要がある場合は 90日まで延長可)以内に軍事行動を停止することなどが定められている。多くの歴代大統領は,戦争権限法は大統領の権限を侵すものであり違憲とする立場をとってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android