コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦争権限法 センソウケンゲンホウ

デジタル大辞泉の解説

せんそうけんげん‐ほう〔センサウケンゲンハフ〕【戦争権限法】

米国大統領の戦争に関する権限を制約する法律。大統領はの総指揮官としての権限を有するが、同法は、敵対行為等に対する軍の投入に際し、大統領と連邦議会が共同で判断することを求めている。1973年制定。
[補説]連邦議会の戦争宣言がないまま大統領が軍を投入した場合、48時間以内に議会に報告する義務があり、議会の承認が得られない場合は60日以内に軍を撤退させなければならないことなどが規定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

戦争権限法の関連キーワード戦争権限法[アメリカ合衆国]統帥権軍制

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦争権限法の関連情報