コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦争遺跡 せんそういせき

大辞林 第三版の解説

せんそういせき【戦争遺跡】

戦争にかかわる遺跡や遺物、痕跡こんせき。軍事施設や坑道、防空壕、記念碑、あるいは戦争で被災した建造物など。戦跡とも。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

戦争遺跡

壕、砲台など明治時代~第2次大戦末期に築かれた軍事関連の構造物全般を指す。全国に2万以上あるとされ、地上戦があった沖縄は特に多い。沖縄県内では、1990年に南風原町が沖縄陸軍病院南風原壕を文化財指定して以来、20近くが市町村の文化財となったが、県指定はゼロ。理由は、数が多く広域にわたるため全容把握に時間がかかること、「負の遺産」でもある戦争遺跡への評価が分かれていること、保存後の管理などに多くの費用が必要なことがある。ただ、今回、基準となる報告書が完成し、初の県指定に向け作業が具体化しそうだ。

(2015-06-23 朝日新聞 夕刊 文化芸能)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦争遺跡
せんそういせき

戦争や軍隊にかかわる施設や坑道、建造物、記念碑などで、遺構や戦跡などとして現在に残り、後世に戦禍の記憶を伝えるもの。通常、1868年(明治1)の明治維新から1945年(昭和20)の第二次世界大戦の終わりまでの近代の戦争に関連した遺跡や遺物、痕跡(こんせき)をさしている。戦争遺跡には、以下のようなものがある。(1)役所や学校、研究施設、軍隊の駐屯地や演習場。(2)要塞(ようさい)、飛行場、砲台などの戦闘施設。(3)軍需工場や貯蔵のための施設。(4)鉄道や道路、港湾などの人工構造物。(5)病院や保養所、捕虜収容のための施設。(6)陸海軍基地などの埋葬地や墓地。(7)戦闘や空襲のあった場所。(8)防空壕(ごう)や慰霊碑など。通常、場所や動かすことのむずかしい施設の跡をさすが、その場所に関係のある兵器や生活道具などが含まれることもある。戦争遺跡に該当する国の史跡としては、1995年(平成7)指定の広島市の原爆ドーム(旧、広島県産業奨励館)や、2013年(平成25)指定の西南戦争の激戦地(熊本市など)を集合した西南戦争遺跡などがある。
 1995年に文化財保護法が改正され、近代の戦争遺跡を文化財として指定可能になったのを受けて、文化庁は1996年度から近代遺跡の全国調査を行っている。日本各地の戦争遺跡保存団体や文化財保存全国協議会、歴史教育者協議会などで構成される戦争遺跡保存全国ネットワーク(事務局、長野市)によれば、2013年7月時点で国や自治体によって文化財として指定、登録されている戦争遺跡は全国で200件。しかし、指定や保存に関するガイドラインを国が示していないため、歴史や学術上で貴重な戦争遺跡でありながら失われかねない状況にあるものも多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

戦争遺跡の関連情報