コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞扇 マイオウギ

4件 の用語解説(舞扇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まい‐おうぎ〔まひあふぎ〕【舞扇】

舞をまうときに用いる扇。多くは、色彩の美しい大形の扇。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

舞扇

ポピー製紙が販売するちり紙の商品名。古紙を使用。セミハードタイプ、1800枚入り。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まいおうぎ【舞扇】

舞を舞うときに手に持つ扇。日本舞踊に用いる扇と能楽に用いる扇とがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舞扇
まいおうぎ

舞踊に使う扇で、日本舞踊では代表的な持ち道具。平安時代の笏(しゃく)から変化した木製の檜扇(ひおうぎ)が五節舞(ごせちのまい)に用いられ、中世には竹骨に紙を張った中啓(ちゅうけい)や常の扇(つねのおうぎ)となった。能では中啓を用い、直面(ひためん)、素襖裃(すおうかみしも)の男と素謡(すうたい)や仕舞には普通の形の常の扇(鎮(しずめ)扇)を使用。狂言ではおもに常の扇を使う。歌舞伎(かぶき)舞踊では、能に取材した三番叟(さんばそう)物の翁(おきな)、千歳(せんざい)、三番叟や、『娘道成寺』『汐汲(しおくみ)』『浅妻船(あさづまぶね)』『文屋(ぶんや)』などに中啓を、ほかの多くに舞扇を使用する。大きさは普通九寸五分(約30センチメートル)で、絵模様は通常役柄や作品にふさわしいものを使う。上方(かみがた)舞に小ぶりなものもある。また、鎌倉時代の六骨(ろっこつ)、姫や腰元の女扇、武将の軍扇(ぐんせん)、世話物の日常の扇なども種々用いられる。[如月青子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舞扇の関連キーワード歌舞所演舞花月鐘巻袖振山舞車舞人紅葉賀立ち舞ふ酔舞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

舞扇の関連情報