コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手形石 テガタイシ

デジタル大辞泉の解説

てがた‐いし【手形石】

神が降臨したしるし手形をつけて残したといわれる神聖な足形を残したものを足跡(あしあと)石という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てがたいし【手形石】

手の形が印されているように見える岩石に神威を認め,その由来を説く伝説。広く各地に分布する。神や雷,大人(おおひと)あるいは弘法大師,弁慶など歴史上著名な人物の手形と称する例が多い。長野県諏訪市中州の神宮寺跡(もとの普賢堂跡)には,弘法大師が手をついたとか,または明神様が経津主(ふつぬし)命と武甕槌(たけみかづち)命に追われて当地に来た時に他所には一歩も出ない,と誓って石に手を押しつけた跡という御手形石がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てがたいし【手形石】

神や高僧などの手の形がついているという口碑をもつ神聖な石。また、それにまつわる伝説。 → 足跡あしあと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手形石の関連キーワード手形(手のひらの形)手形・足形石小仏関跡口碑

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android