コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手形石 テガタイシ

3件 の用語解説(手形石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てがた‐いし【手形石】

神が降臨したしるしに手形をつけて残したといわれる神聖な石。足形を残したものを足跡(あしあと)石という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てがたいし【手形石】

手の形が印されているように見える岩石に神威を認め,その由来を説く伝説。広く各地に分布する。神や雷,大人(おおひと)あるいは弘法大師,弁慶など歴史上著名な人物の手形と称する例が多い。長野県諏訪市中州の神宮寺跡(もとの普賢堂跡)には,弘法大師が手をついたとか,または明神様が経津主(ふつぬし)命と武甕槌(たけみかづち)命に追われて当地に来た時に他所には一歩も出ない,と誓って石に手を押しつけた跡という御手形石がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てがたいし【手形石】

神や高僧などの手の形がついているという口碑をもつ神聖な石。また、それにまつわる伝説。 → 足跡あしあと

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手形石の関連キーワードボックス圏痘痕も靨香雲手に取るよう仄見える目に見えるぱらぱら漫画粒支持条線状片麻岩非飽和

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone