コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸塚 トツカ

世界大百科事典 第2版の解説

とつか【戸塚】

相模国(神奈川県)鎌倉郡の,東海道の宿駅。現在の横浜市戸塚区戸塚町。中世には富塚郷と称し鎌倉鶴岡八幡宮の社領であった。江戸初期は伝馬をつとめないで駄賃稼ぎをしていたため,藤沢宿などから訴えられた結果,1604年(慶長9)御伝馬次の宿場となった。宿場町が形成されたのは矢部・吉田両村が戸塚町に合体した寛永期(1624‐44)以降である。1843年(天保14)の調査によると家数613軒,本陣2軒,脇本陣3軒,人馬継問屋場3ヵ所,旅籠屋75軒で,助郷村は1725年(享保10)39ヵ村である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とつか【戸塚】

神奈川県横浜市南西部にある区。住宅地・内陸工業地。
東京都新宿区北部にある町名。早稲田大学がその一画を占める。

とつか【戸塚】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸塚
とつか

横浜市南西部の区名および地区名。この地区は、1939年(昭和14)戸塚区となり、1969年(昭和44)北部が分離して瀬谷(せや)区が設置され、さらに1986年戸塚、栄(さかえ)、泉(いずみ)の3区に分区された。地区のほぼ中央部を南北にJR東海道本線・横須賀(よこすか)線と国道1号、東西に横浜市営地下鉄1号線、南部に根岸(ねぎし)線、また北部に相模(さがみ)鉄道いずみ野線が通じる。東海道本線の通る柏尾(かしお)川の本・支流の谷は、多摩(たま)丘陵南部の侵食谷である。これらの谷を中心とする一帯は古くから開け、周辺の丘陵上には古墳群がみられ、これにちなんで富塚(とみづか)といわれたのが地名の起源とされる。東海道の戸塚宿があった所で、1604年(慶長9)に一般の宿場町よりもわずか遅れて伝馬宿に定められ、江戸―小田原間の中間にあたっていて栄えた。宿内は戸塚、吉田、矢部の3町からなり、宿の成立当時、町場を形成していたのは富塚(戸塚)あたりだけで、ほかは田畑の広がる農村地帯であった。第二次世界大戦中から京浜の化学、ゴム、電気器具、食料品などの内陸型大工場が進出し、湘南(しょうなん)工業地域の東部に入れられている。近年、丘陵上には公私の大規模住宅団地が建設され、この地区は横浜市域における人口のドーナツ型急増地域である。
 北東の旧東海道の境木(さかいぎ)峠を南へ下った品濃(しなの)坂には一里塚(県指定史跡)が原型に近い形を残している。また、戸塚町の西の汲沢(ぐみざわ)町から原宿町にかけた国道1号沿いの松並木には旧東海道のおもかげがしのばれる。花の名所とうたわれた柏尾川堤のサクラは、いまも地元民と進出工場の協力で補植、新植されてよい風致を保っている。東海道本線に近い下倉田(しもくらた)町の鎌倉街道沿いの大わらじ(長さ約5メートル)は道中安全祈願を受け継ぐものとして有名。栄区上郷(かみごう)町の証菩提(しょうぼだい)寺は、源頼朝(よりとも)が石橋山合戦で討ち死にした佐奈田義忠(さなだよしただ)のために建立したものといわれ、木造阿弥陀(あみだ)如来及両脇侍像は国指定重要文化財。栄区田谷(たや)町にある定泉(じょうせん)寺境内の田谷洞窟(どうくつ)へは参拝者が多い。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

戸塚の関連キーワード神奈川県横浜市戸塚区上倉田町神奈川県横浜市戸塚区上柏尾町神奈川県横浜市戸塚区東俣野町神奈川県横浜市戸塚区上矢部町神奈川県横浜市戸塚区小雀町神奈川県横浜市戸塚区影取町神奈川県横浜市戸塚区名瀬町神奈川県横浜市戸塚区鳥が丘神奈川県横浜市戸塚区南舞岡神奈川県横浜市戸塚区戸塚町神奈川県横浜市戸塚区柏尾町神奈川県横浜市戸塚区汲沢町神奈川県横浜市戸塚区矢部町神奈川県横浜市戸塚区川上町神奈川県横浜市戸塚区俣野町神奈川県横浜市戸塚区上品濃神奈川県横浜市戸塚区吉田町神奈川県横浜市戸塚区秋葉町神奈川県横浜市戸塚区平戸町神奈川県横浜市戸塚区前田町

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸塚の関連情報