コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち入る ウチイル

2件 の用語解説(打ち入るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち‐い・る【打ち入る】

[動ラ四]
勢いよく中に入る。
「庭に―・り縁の際(きは)に寄り給ひて」〈義経記・二〉
物事に熱中する。心を打ち込む。
「明け暮れ碁に―・りて」〈浮・織留・二〉
[動ラ下二]
ひょいと入れる。無造作に収める。
「三寸ばかりなる人、…手に―・れて家へ持ちて来ぬ」〈竹取
ばくちなどに財産や金品をつぎ込む。入れあげる。
「ばくちの負け極まりて、残りなく―・れんとせんに合ひては、打つべからず」〈徒然・一二六〉
勢いよく馬を乗り入れる。
「武者一騎、沖なる舟に目をかけて、海へざっと―・れ」〈平家・九〉
軍勢をまとめて引き上げる。退却させる。
「人数ヲ―・ルル」〈日葡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うちいる【打ち入る】

( 動四 )
勢いよく中に入る。 「馬に乗りながら門の内に-・り/平家 4
囲碁などに熱中する。 「明暮れ碁に-・りて/浮世草子・織留 2
軍勢が退却する。 〔日葡〕
( 動下二 )
ひょいと入れる。 「手に-・れて家へ持ちて来ぬ/竹取」
勢いよく中に入れる。 「武者一騎…海へざと-・れ/平家 9
博打ばくちなどに金品をつぎ込む。入れあげる。 「身の装束などは皆-・れて/宇津保 忠こそ
味方の軍勢を退却させる。 〔日葡〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打ち入るの関連キーワード温水浴焼るざぶり死に入る寝入る読み入る突入る走り掛かるひょぐ・る吹入る

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone