コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち入る ウチイル

デジタル大辞泉の解説

うち‐い・る【打ち入る】

[動ラ四]
勢いよく中に入る。
「庭に―・り縁の際(きは)に寄り給ひて」〈義経記・二〉
物事に熱中する。心を打ち込む。
「明け暮れ碁に―・りて」〈浮・織留・二〉
[動ラ下二]
ひょいと入れる。無造作に収める。
「三寸ばかりなる人、…手に―・れて家へ持ちて来ぬ」〈竹取
ばくちなどに財産や金品をつぎ込む。入れあげる。
「ばくちの負け極まりて、残りなく―・れんとせんに合ひては、打つべからず」〈徒然・一二六〉
勢いよく馬を乗り入れる。
「武者一騎、沖なる舟に目をかけて、海へざっと―・れ」〈平家・九〉
軍勢をまとめて引き上げる。退却させる。
「人数ヲ―・ルル」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちいる【打ち入る】

( 動四 )
勢いよく中に入る。 「馬に乗りながら門の内に-・り/平家 4
囲碁などに熱中する。 「明暮れ碁に-・りて/浮世草子・織留 2
軍勢が退却する。 〔日葡〕
( 動下二 )
ひょいと入れる。 「手に-・れて家へ持ちて来ぬ/竹取」
勢いよく中に入れる。 「武者一騎…海へざと-・れ/平家 9
博打ばくちなどに金品をつぎ込む。入れあげる。 「身の装束などは皆-・れて/宇津保 忠こそ
味方の軍勢を退却させる。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち入るの関連キーワード討ち入る・討入る浮世草子討入る軍勢

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

打ち入るの関連情報