コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)掛(か)る/打(ち)懸(か)る ウチカカル

デジタル大辞泉の解説

うち‐かか・る【打(ち)掛(か)る/打(ち)懸(か)る】

[動ラ五(四)]
武器などで相手に攻めかかる。勢いよく攻撃する。「竹刀を振り上げて―・る」
もたれかかる。また、かかりきりになる。
「親方の商売ばかりに―・りて」〈浮・織留・六〉
[可能]うちかかれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android