コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

技能オリンピック ギノウオリンピック

百科事典マイペディアの解説

技能オリンピック【ぎのうオリンピック】

正式には国際職業訓練競技大会。技能五輪ともいう。機械組立て,溶接旋盤配管電工大工,等の産業技能を競う国際大会で,職業訓練,技能水準の向上,国際親善を目的とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

技能オリンピック
ぎのうおりんぴっく

技能五輪とも略称されるが、正式には国際職業訓練競技会International Vocational Training Competitionという。職業訓練による技能水準の向上と国際親善を目的とし、会の本部はマドリード(スペイン)にある。前身は1947年に始まったスペインの国内大会であったが、50年にポルトガルが参加して国際大会となり、以後、世界各地で毎年開催されて今日に至っている。日本は62年(昭和37)以来参加し、70年には千葉市の中央技能センターで大会を主催したこともある。初参加以来、日本は総合優勝を重ねて技能水準の高さを誇ったが、近年は自動化の波に押されて成績は下降しており、台湾、韓国などの新興工業国が国家的支援もあって活躍している。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

技能オリンピックの関連キーワードオリンピック

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android