コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拉麺/老麺 ラーメン

2件 の用語解説(拉麺/老麺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラーメン【拉麺/老麺】

《〈中国語〉》中国風の麺(めん)。小麦粉に塩・梘水(かんすい)などを加えて練り、細長く引き伸ばしたもの。また、それをゆでて醤油味などのスープを入れ、焼き豚メンマなどの具を加えたもの。中華そば

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ラーメン【拉麺 (中国)】

ゆでた中華麺をスープに入れた料理。中国料理の麺料理に起源を持つが、日本で独自の発展を遂げた。麺は太さや縮れ加減、加水率などによりさまざまなタイプのものがある。スープは通常、「たれ」と呼ばれる、そばつゆの返しにあたる混合調味料を、だし汁(このだし汁のことを「スープ」ということもある)で割って作られる。たれはしょうゆだれ・塩だれ・味噌だれがあり、これを用いたものをそれぞれしょうゆラーメン塩ラーメン・みそラーメンという。また豚骨でとっただし汁をスープに用いたものを豚骨ラーメンという。つけ麺油そばなど、スープに入れないタイプのものも、一般的にラーメンに含める。◇カタカナで「ラーメン」と書くことが多い。「拉麺」は、中国語では手で引き伸ばして麺を作ることやそのように作った麺をさす。「中華そば」ということもある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拉麺/老麺の関連キーワード焼き蕎麦油蕎麦担担麺饂飩麺冷やし中華餡掛け焼き蕎麦茹で卵/茹で玉子炸醤麺スープオフペリメニ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone