コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指宿枕崎線 いぶすきまくらざきせん

3件 の用語解説(指宿枕崎線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指宿枕崎線
いぶすきまくらざきせん

西鹿児島から薩摩半島の東岸,南岸を通り,枕崎市へいたる鉄道。 JR九州。全長 87.9km。 1936年開通。当初は指宿線と称したが,枕崎までの全通 (1963) とともに現名称となった。沿線に開聞岳指宿温泉などの観光地がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

指宿(いぶすき)枕崎線

JR九州が運行する鉄道路線。鹿児島県鹿児島市の鹿児島中央駅から枕崎市の枕崎駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指宿枕崎線
いぶすきまくらざきせん

九州旅客鉄道(JR九州)の線路名称。鹿児島中央―枕崎間(鹿児島県)87.9キロメートル、全線単線、非電化。薩摩(さつま)半島の東岸、南岸を走り、沿線には指宿、枕崎などの都市、開聞(かいもん)岳、指宿温泉などの観光地がある。なお、私鉄の鹿児島交通線(枕崎―伊集院(いじゅういん))が枕崎で接続していたが、1984年(昭和59)に廃線となった。1930~1936年(昭和5~11)に西鹿児島(現鹿児島中央)―山川間を、1960~1963年(昭和35~38)に山川―枕崎間をそれぞれ開業した。当初は指宿線とよばれたが、1963年枕崎までの全通とともに指宿枕崎線と改称された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化で九州旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指宿枕崎線の関連キーワード万之瀬川鹿児島古薩摩南九州薩摩すんくじら知覧[町]郡山〈町〉鹿児島県枕崎市西鹿篭松元〈町〉鹿児島県鹿児島郡三島村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

指宿枕崎線の関連情報