コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開聞 かいもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開聞
かいもん

鹿児島県南部,指宿市南西部の旧町域。薩摩半島の南東端に位置する。1951年頴娃町から十町(じっちょう)と仙田(せんた)が分離して開聞村が成立。1955年利永村の一部を編入して町制。2006年指宿市,山川町と合体して指宿市となった。火山噴出物が堆積した畑地が広く,サツマイモ,葉タバコポンカン主産物。ブタの飼育も盛ん。観光地には南部にそびえる開聞岳,北部の池田湖のほか開聞山麓自然公園,唐船峡,国指定重要文化財の松梅蒔絵櫛笥で知られる枚聞神社(ひらききじんじゃ)などがある。自然公園では,ヤシ,ハイビスカスソテツなどの亜熱帯性植物とサボテンを栽培。日本在来のウマとして知られる,県指定天然記念物のトカラウマも飼育。大部分が霧島錦江湾国立公園に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開聞
かいもん

鹿児島県南部、揖宿(いぶすき)郡にあった旧町名(開聞町(ちょう))。現在は指宿(いぶすき)市の南西部を占める。旧開聞町は1955年(昭和30)町制施行。2006年(平成18)指宿市に合併。旧町名は開聞岳に由来する。旧町域は薩摩(さつま)半島南端に位置し、JR指宿枕崎(いぶすきまくらざき)線、国道226号が通じる。北部は池田湖と接し、南部に開聞岳がそびえ、山麓(さんろく)から平地にかけては火山灰土壌(コラ層)で覆われる。
 古代『和名抄(わみょうしょう)』には開聞郷とあり、開聞岳北麓の枚聞(ひらきき)神社は延喜式内社(えんぎしきだいしゃ)で、薩摩国一宮(いちのみや)として広く信仰を集めた。基幹産業は畑作中心の農業でサツマイモ、タバコ、エンドウを栽培するほか、ブロイラーやブタ、肉用牛などの畜産が盛んである。開聞岳を中心に観光地も多く、開聞山麓自然公園や、そうめん流しで有名な唐船(とうせん)峡、枚聞神社、花瀬望比公園など薩摩半島南部観光の一翼を担っている。なお、枚聞神社には国の重要文化財に指定された松梅蒔絵櫛笥(まつうめまきえくしげ)がある。[平岡昭利]
『『開聞町郷土誌』(1973・開聞町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

開聞の関連キーワード鹿児島県指宿市開聞川尻枚聞神社・開聞神社長崎鼻(鹿児島県)竹島(鹿児島県)霧島屋久国立公園ミヤマキリシマ鹿児島県指宿市開聞岳だいこん南九州(市)頴娃[町]霧島火山帯指宿(市)指宿枕崎線いぶすき指宿温泉円錐火山鹿児島湾晴耕雨讀薩摩富士百名山

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開聞の関連情報