コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指宿温泉 いぶすきおんせん

2件 の用語解説(指宿温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指宿温泉
いぶすきおんせん

鹿児島県南部,指宿市の東部,薩摩半島南東端の海岸から平野部にかけて湧出する温泉の総称。泉質は食塩泉,炭酸鉄泉。泉温は 85~100℃と高温。泉源が多く,湯量は非常に豊富。神経痛,リウマチ,胃腸病などに効能があり,療養機能をもっているが,観光温泉地として急速に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指宿温泉
いぶすきおんせん

鹿児島県薩摩(さつま)半島南東部、指宿市にある温泉。海岸から平野部にかけて湧出(ゆうしゅつ)する温泉の総称で、温泉区は摺(すり)ヶ浜、湊(みなと)、湯之里(ゆのさと)、弥次(やじ)ヶ湯、柳田(やなぎだ)、二月田(にがつでん)などに区分される。泉質は塩化物泉・含鉄泉。泉源が多く湯量も豊富で、ホテル、旅館のほか一般家庭にも配湯されている。第二次世界大戦前は湯治温泉であったが、1955年(昭和30)以降、近代的なホテルが建ち並び急速に発展した。摺ヶ浜の天然の砂蒸しぶろは有名。国民休暇村やヘルスセンターなどの施設も整っている。池田湖、開聞(かいもん)岳、長崎鼻などの観光地に近く、薩摩半島南部の観光の拠点で、県外からの観光客が多い。[平岡昭利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指宿温泉の関連キーワード鹿児島県指宿市池田鹿児島県指宿市岩本鹿児島県指宿市大牟礼鹿児島県指宿市小牧鹿児島県指宿市十町鹿児島県指宿市西方鹿児島県指宿市東方鹿児島県指宿市湊鹿児島県指宿市山川福元鹿児島県指宿市湯の浜

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

指宿温泉の関連情報