コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差(し)込む サシコム

デジタル大辞泉の解説

さし‐こ・む【差(し)込む】

[動マ五(四)]
物の中やすきまなどに、他の物をさしたりはさんだりするようにして入れる。差し入れる。「プラグをコンセントに―・む」「本の間に手紙を―・む」
(「射し込む」とも書く)光が入ってくる。「部屋に朝日が―・む」
胸・腹が急に激しく痛む。癪(しゃく)を起こす。「胃が―・む」
口出しをする。入れ知恵をする。
「北の方に―・まれ」〈浄・天鼓〉
[可能]さしこめる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

差(し)込むの関連キーワードストップシリンダ印刷機カメラ・オブスキュラ内視鏡下外科手術シャミセンガイキンベル美術館温室建築入れ知恵装身具プラグ布銭天鼓

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android