(読み)ささげ

精選版 日本国語大辞典「捧」の解説

ささげ【捧】

[1] 〘名〙 太平洋岸各地の漁村で女性が水桶その他を頭の上にのせて運ぶ頭上運搬をいう。
[2] 〘接尾〙 平安時代、捧げ物を数えるのに用いる。物の枝につけた一組の捧げ物をひとささげという。
※伊勢物語(10C前)七七「奉りあつめたる物、千ささげ許あり」

ささ・ぐ【捧】

〘他ガ下二〙 ⇒ささげる(捧)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「捧」の解説

ほう【捧】[漢字項目]

[名のり]ささげ・たか・もち
両手でささげ持つ。「捧持捧呈捧読
両手で持ちあげるようにしてかかえる。「捧腹
[名のり]ささげ・たか・もち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android