コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩耗試験 まもうしけん abrasion test

3件 の用語解説(摩耗試験の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩耗試験
まもうしけん
abrasion test

材料試験の一つで,材料の摩耗量を測定する。しかし,材料の摩耗は,材料の機械的性質,表面状態,運動条件,摩擦部の形状,熱伝導性,接触面に介在する物質 (たとえば潤滑油や砥粒) に大きく支配され,かなり複雑なので,一般的な試験機はなく,試験目的ごとに製作される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まもうしけん【摩耗試験】

材料の耐摩耗性を調べる試験。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摩耗試験
まもうしけん
abrasion test

材料試験の一種で、材料の摩耗に対する性質を調べる。一般に二つの物体をこすり合わすと摩耗がおこる。機械などで互いにすり合わさる部分は機構上重要な場合が多く、その部分の摩耗が大きいと機械の機能低下をもたらし、寿命を短くするので、材料の耐摩耗性は他の機械的性質と同様に重要である。
 摩耗現象はきわめて複雑で、関係する要因も非常に多く、材料の組合せ、摺動(しゅうどう)条件、すべり速度、接触圧力、接触部の形状、潤滑剤、温度、湿度など多様である。このため材料の摩耗特性を単一の試験方法で簡単に求めることは不可能であり、摩耗試験はそれぞれの場合に応じて設定された条件下で実施しなければならない。摩耗試験は摺動条件により、すべり摩耗、ころがり摩耗、衝撃摩耗の3種の試験に大別される。また、材料の組合せについては、試験片と一定の標準物体との場合と、希望する材料間で行われる場合とがある。摩耗試験に用いられる試験機も多様であり、それぞれの目的に応じて製作されている。[林 邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摩耗試験の関連キーワード圧縮試験硬さ試験材料試験材料試験炉衝撃試験引っ張り試験材料試験機捩り試験反発硬さ呼吸試験

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

摩耗試験の関連情報