コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩耗試験 まもうしけんabrasion test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩耗試験
まもうしけん
abrasion test

材料試験の一つで,材料摩耗量を測定する。しかし,材料の摩耗は,材料の機械的性質,表面状態,運動条件,摩擦部の形状,熱伝導性,接触面に介在する物質 (たとえば潤滑油や砥粒) に大きく支配され,かなり複雑なので,一般的な試験機はなく,試験目的ごとに製作される。摩耗は長時間に徐々に進行するため,短時間に摩耗試験を実施することは一般には困難である。力学的に摩耗をみれば,滑り摩耗,転がり摩耗,衝突摩耗に大別できるので,試験機もこの形式に従って分類できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

まもうしけん【摩耗試験】

材料の耐摩耗性を調べる試験。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摩耗試験
まもうしけん
abrasion test

材料試験の一種で、材料の摩耗に対する性質を調べる。一般に二つの物体をこすり合わすと摩耗がおこる。機械などで互いにすり合わさる部分は機構上重要な場合が多く、その部分の摩耗が大きいと機械の機能低下をもたらし、寿命を短くするので、材料の耐摩耗性は他の機械的性質と同様に重要である。
 摩耗現象はきわめて複雑で、関係する要因も非常に多く、材料の組合せ、摺動(しゅうどう)条件、すべり速度、接触圧力、接触部の形状、潤滑剤、温度、湿度など多様である。このため材料の摩耗特性を単一の試験方法で簡単に求めることは不可能であり、摩耗試験はそれぞれの場合に応じて設定された条件下で実施しなければならない。摩耗試験は摺動条件により、すべり摩耗、ころがり摩耗、衝撃摩耗の3種の試験に大別される。また、材料の組合せについては、試験片と一定の標準物体との場合と、希望する材料間で行われる場合とがある。摩耗試験に用いられる試験機も多様であり、それぞれの目的に応じて製作されている。[林 邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

摩耗試験の関連キーワード高千穂精機材料試験

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

摩耗試験の関連情報