コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撓う シナウ

デジタル大辞泉の解説

しな・う〔しなふ〕【×撓う】

[動ワ五(ハ四)]
弾力があって、折れずに柔らかに曲がる。たわむ。しなる。「本の重さで棚板が―・う」「よく―・うからだ」
従う。順応する。
「水に―・うて渡せや渡せ」〈平家・四〉
なよなよとする。
「うち―・ひ寄りてそ妹はたはれてありける」〈・一七三八〉
[用法]しなう・たわむ――「」の字が共通して当てられるように、「枝がしなう(たわむ)ほど実がなっている」など、ゆるやかに弧を描くでは相通じて用いられる。◇「しなう」は弾力があって復元し易い状態をいい、「よくしなうからだ」「むちをしなわせて脅(おど)かす」などと用いる。◇「たわむ」は重さや力に耐えられなくて曲がっている状態をいう。「本の重みで床がたわむ」また、「たわむことなく我が道を行く」のように、気力がおとろえるの意で使うことがある。この意は「しなう」にはない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しなう【撓う】

( 動五[四] )
〔「しなやか」の「しな」と同源〕
弾力があって、力を受けたとき折れずにしなやかに曲がる。たわむ。しなる。 「実がいっぱいなって枝が-・う」
逆らわずに、物に従う。順応する。 「水に-・うて渡せや渡せ/平家 4
しなやかに美しい姿である。 「うち-・ひ寄りてそ妹はたはれてありける/万葉集 1738」 〔動詞の「しなう」は弾力があってしなやかに曲がることにいう。これに対して「たわむ」は固いものが外力によって曲がることをいう。また「たわむ」は物についてしか言えないが、「しなう」は人の体にも言える〕
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

撓うの関連キーワード用法棚板

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android