撓う(読み)シナウ

デジタル大辞泉「撓う」の解説

しな・う〔しなふ〕【×撓う】

[動ワ五(ハ四)]
弾力があって、折れずに柔らかに曲がる。たわむ。しなる。「本の重さで棚板が—・う」「よく—・うからだ」
従う。順応する。
「水に—・うて渡せや渡せ」〈平家・四〉
なよなよとする。
「うち—・ひ寄りてそ妹はたはれてありける」〈・一七三八〉
[用法]しなう・たわむ——「」の字が共通して当てられるように、「枝がしなう(たわむ)ほど実がなっている」など、ゆるやかにを描くでは通じて用いられる。◇「しなう」は弾力があって復元し易い状態をいい、「よくしなうからだ」「むちをしなわせておどかす」などと用いる。◇「たわむ」は重さや力に耐えられなくて曲がっている状態をいう。「本の重みで床がたわむ」また、「たわむことなく我が道を行く」のように、気力がおとろえるの意で使うことがある。この意は「しなう」にはない。
[類語]曲がる反るたわむたわわ折れ曲がる屈曲する屈折する曲折する湾曲する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android