コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撓む イタム

デジタル大辞泉の解説

いた・む【×撓む】

[動マ下二]いた(撓)める」の文語形

たお・む〔たをむ〕【×撓む】

[動マ四]曲がる。傾く。たわむ。
「花が咲いては―・うだ枝に実がなる」〈田植草紙〉
[動マ下二]曲げる。傾ける。
「稲の柱をおし―・めねば扱(こ)かれぬ」〈田植草紙

たわ・む【×撓む】

[動マ五(四)]
他から力を加えられて弓なりに曲がる。しなう。「実の重みで枝が―・む」
飽きて疲れる。心がくじける。
「我が心は決して―・むことなし」〈鴎外訳・即興詩人
撓(しな)う[用法]
[動マ下二]たわめる」の文語形。

とお・む〔とをむ〕【×撓む】

[動マ四]たわむ。しなう。
「沖つ波―・む眉引(まよび)き大舟のゆくらゆくらに面影にもとな見えつつ」〈・四二二〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いたむ【撓む】

( 動下二 )

たおむ【撓む】

( 動四 )
曲がる。たわむ。 「花が咲いては-・うだ枝に実がなる/田植草紙」
( 動下二 )
曲げる。しなわせる。たわめる。 「稲のはしらを押し-・めねばこがれぬ/田植草紙」

たわむ【撓む】

( 動五[四] )
固い棒状・板状のものが、加えられた強い力によってそり曲がった形になる。しなう。 「雪の重みで枝が-・む」 「棚が-・む」
心が屈する。疲れる。たゆむ。 「いもうとの心は-・む所なく、まめだちたれば/源氏 空蟬」 → しなう(補説欄)
( 動下二 )

とおむ【撓む】

( 動四 )
〔「たわむ」の母音交替形〕
しなう。たわむ。 「沖つ波-・む眉引まよびき大舟の/万葉集 4220

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

撓むの関連キーワードゆくらゆくら夏蜜柑沖つ波

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android