コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撞木町 シュモクマチ

大辞林 第三版の解説

しゅもくまち【撞木町】

江戸時代、京都伏見にあった遊郭の俗称。町のかたちが丁字形であったことからこう呼ばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

撞木町
しゅもくまち

京都市伏見(ふしみ)区夷(えびす)町(恵美酒町)にあった遊廓(ゆうかく)。町の地形が撞木(丁字形)に似ていたので撞木町と俗称した。1604年(慶長9)末の開業で、近くの京都人や京坂を往復する人が遊客となった。元禄(げんろく)年間(1688~1704)には遊女50人、揚屋5軒で、大石内蔵助良雄(くらのすけよしお)らも遊んだという。のち、しだいにさびれ、寛政(かんせい)年間(1789~1801)にはほとんど形を失った。なお、伏見には柳町にも下級の遊廓があった。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

撞木町の関連キーワード元禄忠臣蔵丁字形遊廓俗称

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android