ずれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ずれ」の解説

ずれ

日本の音楽理論用語。2つ以上の声部,たとえば三味線において,両者旋律が同時に進行せず一方が少しずつ先行する,あるいは遅れて進行すること。洋楽シンコペーションと似た楽譜になるが,意味や効果はまったく異なる。「不即不離 (つかずはなれず) 」ということもあるが不即不離はリズムの面ばかりでなく,旋律線も含した全体的な関係であるのに対し,「ずれ」はそのなかのリズム上の現象を特にいう。

ずれ
slip

断層が動いた際の断層面における相対的な変位。くい違い,すべりともいう。断層活動の規模をはかるため,水平方向成分ずれ)と鉛直方向の成分(ずれ)の変位量と方向が示される。大規模な地震の場合,断層の変位量は数mから 10m以上となる。

ずれ
shear

剪断ともいう。物体表面または内部の面に沿う方向の力 (接線力) が加わったとき,力の方向に面が移動する変形。小さいずれ変形では物体の体積は変化しないとみなせる。流れている流体の内部でのずれに対する抵抗粘性である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ずれ」の解説

ずれ

〘名〙 (動詞「ずれる」の連用形の名詞化) ずれること。位置や時期、考えなどが、標準・基準からはずれて合わないこと。くいちがい。
※雑話筆記(1719‐61)上「惣て聖人の詞は渾然たる玉の如くにて、どちから見てもずれがなく候」
※放浪時代(1928)〈龍胆寺雄〉一「その規則が云はば世の常のものと、大分ずれがあると云ふだけの話で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ずれ」の解説

ずれ

位置・時期などが基準・標準から、少しはずれた状態にあること。「帯のずれを直す」「印刷のずれ
考え方や感じ方などに少し隔たりがあること。食い違い。「意見のずれを調整する」「感覚のずれを生じる」
物理学で、上面と下面が互いに逆方向の力を受けて、小さな傾きをもつようになる変形。
[類語]食い違い齟齬行き違いジレンマ矛盾撞着どうちゃく自家撞着牴牾ていご二律背反背反背理不整合不一致扞格かんかく対立相克あい反する食い違うミスマッチ相容れないわだかまりしこり隔たりげきギャップ疎隔懸隔もやもや

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android