擬餌針・擬餌鉤(読み)ぎじばり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 釣針の一つ。本物の餌(えさ)に対して、魚の好む餌に擬してつくられた人工的な釣針。ぎじ。
※水の上の会話(1965)〈阿川弘之〉「擬餌鉤(ギジバリ)をはずされると、立派な大きな鰹は、口をパクパクさせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android