放射線生物効果(読み)ほうしゃせんせいぶつこうか(英語表記)biological effect of radiations

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんせいぶつこうか【放射線生物効果 biological effect of radiations】

放射線の生物効果は,放射線が生物の体を通り抜ける瞬間にそのエネルギーを失う,生物側からいえばエネルギーを吸収することから出発する。エネルギー吸収の結果,体を構成する細胞(とくに細胞核)のいろいろの分子が,原子間の共有結合にあずかる電子がはじき飛ばされるか,飛ばされた電子が付加されるため,正負のイオンとなり二次的に変化して遊離基(ラジカル)となる。これが放射線の直接作用と呼ばれる。直接作用の結果,細胞の水分子から生じたラジカルはさらに近傍の分子と反応し,それを変化させる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android