コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線生物効果 ほうしゃせんせいぶつこうかbiological effect of radiations

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんせいぶつこうか【放射線生物効果 biological effect of radiations】

放射線の生物効果は,放射線が生物の体を通り抜ける瞬間にそのエネルギーを失う,生物側からいえばエネルギーを吸収することから出発する。エネルギー吸収の結果,体を構成する細胞(とくに細胞核)のいろいろの分子が,原子間の共有結合にあずかる電子がはじき飛ばされるか,飛ばされた電子が付加されるため,正負のイオンとなり二次的に変化して遊離基(ラジカル)となる。これが放射線の直接作用と呼ばれる。直接作用の結果,細胞の水分子から生じたラジカルはさらに近傍の分子と反応し,それを変化させる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android