コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個人消費 コジンショウヒ

デジタル大辞泉の解説

こじん‐しょうひ〔‐セウヒ〕【個人消費】

個人(家計)が、物やサービスの購入に充てた金額総計個人による支出のうち、住宅への投資は別区分として扱われる。個人消費は、最終需要の中でも最も割合が高く、日本ではGDPの55パーセント前後を占めることから、その動向景気に大きな影響を与える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

個人消費
こじんしょうひ
personal consumption

家計ないし個人は、賃金・財産所得などの所得から租税・社会保険料などを差し引いた可処分所得を、消費と貯蓄に分けて支出する。この個人消費の水準を左右するのは、主として所得水準と保有純資産額(資産-負債)であるが、1985年~1988年の円高→輸入価格下落→実質所得上昇→個人消費増のように、為替相場と物価も影響する。さらに先行き不透明のときには、減税が消費にまわらず、貯蓄されてしまうという要因もある。[一杉哲也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

個人消費の関連キーワード経済安定化プログラム[ハンガリー]Bpremium Friday12年7~9月期のGDP10~12月期GDP生活保護費の見直し直接金融完全失業率日本経済の成長率消費者信頼感指数ラチェット効果名目雇用者報酬金属製品製造業政府経済見通し消費総合指数悪い物価上昇B to C住宅着工件数良い物価上昇地域経済報告経済情勢報告

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

個人消費の関連情報