コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教如(1) きょうにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

教如(1) きょうにょ

1558-1614 織豊-江戸時代前期の僧。
永禄(えいろく)元年9月16日生まれ。摂津東成郡(大阪府)の浄土真宗石山本願寺11世顕如(けんにょ)と如春尼(にょしゅんに)の長男。元亀(げんき)元年からの織田信長の石山本願寺攻めの際,父をたすけてたたかう。文禄(ぶんろく)元年12世をつぐが,豊臣秀吉の命で弟准如(じゅんにょ)にゆずり退隠。慶長7年徳川家康から京都烏丸(からすま)の地を寄進されて東本願寺を建立し,本願寺は東西に分立。慶長19年10月5日死去。57歳。法名は光寿。
【格言など】彼方(織田信長)の表裏は眼前に候(信長との和議に反対し,諸国の門徒に送った檄文)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

教如(1)の関連キーワードキリシタン関係主要人名メアリーナルバメアリ永禄エリザベス(1世)教如教如教如最上義光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android