コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルバ Narva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルバ
Narva

エストニア北東端の河港都市。首都タリンの東約 200km,ナルバ川がフィンランド湾に流入する地点より約 15km上流に位置する。 13世紀にデンマーク人の砦の保護下に建設された移民村が,市の起源。 1346年にデンマーク王バルデマール4世は市をドイツ騎士団に売渡した。 1558年にはロシアが占領し,81年にスウェーデン領となったが,1704年に北方戦争によって再びロシア領となった。 1918年エストニアの独立によってその都市となり,40~91年ソ連領。繊維工業都市で,クレンゴリム綿織物コンビナートが著名。ほかに家具,建設資材などの工業がある。西方ソルジナにはオイルシェール (油母頁岩) を燃料とするバルト火力発電所がある。歴史・郷土博物館がある。ロシアのサンクトペテルブルグとタリンを結ぶ鉄道,ハイウェーが通る。人口8万 3000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナルバ(Narva)

エストニア北東部の都市。タリンタルトゥに次いで同国第3の規模をもつ。ナルバ川を挟んでロシアの都市イワンゴロドと接する。オイルシェールを産し、同国有数の工業地域。労働者として移住してきたロシア語系住民が9割以上を占める。かつて「バルト海の真珠」と称されるバロック様式の街並みがあったが、第二次大戦のソ連軍による攻撃でその多くが失われた。エストニア独立後に再建されたナルバ城がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナルバ

エストニアの北東端の都市。フィンランド湾に近く,ロシアとの国境をなすナルバ川の左岸に位置する。町は13世紀に建設され,今も市内には14世紀に建てられた大聖堂や17世紀建築の市庁舎など,古い建物が残っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナルバ【Narva】

バルト海沿岸,エストニア共和国北部の都市。人口8万3000(1991)。13世紀にフィンランド湾岸に建設されたこの町は,その後リボニア騎士団(1347‐1558),ロシア(1558‐81),スウェーデン(1581‐1704)とその〈支配者〉は変わったが,北方戦争の過程で最終的にロシアへ編入された。バルト海への出口を求めて,1700年にスウェーデンに宣戦したロシア皇帝ピョートル1世の軍隊は,11月ナルバの要塞で敗北を喫した(ナルバの会戦)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナルバの言及

【エストニア】より

…中部は低湿地が多く,南部はロームをかぶった丘がひろがる。月平均気温は1月のサーレマーで-2.3℃,北東端のナルバで-6.8℃,7月はそれぞれ16.3℃,17.4℃。雪は12月10日ごろから積もり始め,3月末に溶ける。…

※「ナルバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナルバの関連キーワードLove Balladeは歌えないスターダンサーズ・バレエ団日本バスケットボールリーグピョートル1世(大帝)熱気球ホンダグランプリピュフティツァ修道院リージョナルバンクターミナルバリューカール[12世]ドルゴルーキー家ゴースト・キッズナルマダー[川]カベサ・デ・バカパレオロクソドンカール(12世)カバーバージョンイロコススル州カルリスタ戦争国際バカロレアチュド[湖]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android