コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教育の経済学 きょういくのけいざいがく

世界大百科事典 第2版の解説

きょういくのけいざいがく【教育の経済学】

教育のもつ経済的側面を経済学の論理や手法(たとえば費用・便益分析)を用いて考察しようとする応用経済学の一分野。とくに教育労働者の質に与える効果を考察するので,人的資本理論と重なり合うところが多い。教育の労働者の質を高める効果は,19世紀の経済学者,たとえばJ.H.vonチューネンやA.マーシャルらが注目していたが,第2次大戦後,経済発展が各国の関心事になるにつれて教育の経済的効果が再認識され,1960年代に入ってから教育の経済学は急速な展開をみるに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の教育の経済学の言及

【人的資本理論】より

… 人的資本の考え方が1950年代末以降あらためて脚光を浴び発展させられるようになった背景には,発展途上国援助等にからんで経済発展における教育と人的資源の役割が再認識されたこと,国際貿易の基礎条件である資源賦存状態の重要な要素として労働力の生産的資質が見直されたこと,公共経済学における費用‐便益分析手法が人的投資の収益率や投資決定の分析に応用されたこと,労働経済学における賃金構造,訓練,移動などの現象や労働力政策のあり方を解明する理論として注目されたこと,などが挙げられる。1960年代にはT.W.シュルツ,G.ベッカー,J.ミンサーらが続々と人的資本概念に基づいて教育投資,訓練,賃金構造などの新しい分析を試み,新しい教育の経済学,労働経済学の急速な発展をみた。今日,これらの多くの分野で人的資本理論に基づく研究は理論的にも実証的にも活発に進められており,新しい理論的解釈や事実の発見が旧来の理解を塗りかえつつある。…

※「教育の経済学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教育の経済学の関連キーワードマハルプ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教育の経済学の関連情報