コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用経済学 おうようけいざいがく

1件 の用語解説(応用経済学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうようけいざいがく【応用経済学】

経済学の中で最も基本的な問題を理論的に体系化したものを経済の純粋理論というのに対して,この純粋理論を個別の具体的な経済問題の分析および実際の経済現象の説明に適用する研究を行う領域を一般に応用経済学という。以上はきわめて厳密な応用経済学の定義である。しかし,通例の分類としての応用経済学とは,経済理論を現実の経済問題の解明に適用する学問であるとされている。 応用経済学の研究対象は,一国の経済の規模と構造が決定される仕組み,景気の上昇や停滞をくり返す景気変動の仕組み,産業間の結びつきと所得発生,貿易などの相互関連,市場価格の成立や所得分配の仕組み,労働雇用と失業の分析,さらにはインフレーション,財政,金融,国際経済などきわめて広範囲にわたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応用経済学の関連情報