コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用経済学 おうようけいざいがく

世界大百科事典 第2版の解説

おうようけいざいがく【応用経済学】

経済学の中で最も基本的な問題を理論的に体系化したものを経済の純粋理論というのに対して,この純粋理論を個別の具体的な経済問題の分析および実際の経済現象の説明に適用する研究を行う領域を一般に応用経済学という。以上はきわめて厳密な応用経済学の定義である。しかし,通例の分類としての応用経済学とは,経済理論を現実の経済問題の解明に適用する学問であるとされている。 応用経済学の研究対象は,一国の経済の規模と構造が決定される仕組み,景気の上昇や停滞をくり返す景気変動の仕組み,産業間の結びつきと所得発生,貿易などの相互関連,市場価格の成立や所得分配の仕組み,労働雇用と失業の分析,さらにはインフレーション,財政,金融,国際経済などきわめて広範囲にわたっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

応用経済学の関連キーワードストーン(John Richard Nicholas Stone)アレ(Maurice Allais)M.E.L. ワルラススーザン シュワブポリシー・ミックスルーバン大学教育の経済学経済地理学交通経済学差分方程式労働経済学農業経済学志村 嘉一国際経済学経済政策公共料金後藤健二ケーラーワルラス公共投資

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応用経済学の関連情報