コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散らばる チラバル

デジタル大辞泉の解説

ちらば・る【散らばる】

[動ラ五(四)]
まとまっていたもの、1か所にあったものが、あちこちに離れ離れになって広がる。散在する。「全国に―・る卒業生」
雑然と散り乱れる。散乱する。「部屋じゅうに紙くずが―・っている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちらばる【散らばる】

( 動五[四] )
一か所にまとまっていたものが分かれて広がる。 「思い思いに-・って休む」 「ごみが風で-・る」
(同種の)物があちらこちらに離れてある。 「草原に人家が-・っている」 「友人が全国に-・っている」
物が乱雑に置かれている。 「食器が-・っている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

散らばるの関連キーワード原田病(フォークト・小柳・原田病)オフサルミック構造蜘蛛の子を散らす南島海域公園地区スールー[諸島]ニュウドウカジカイソキホウボウゴマフアザラシキュレーション怪物たちの森タナカゲンゲカマラン諸島ゴイシシジミミヤマセセリボウズギンポアナグラムアカドンコババウ諸島鹿町〈町〉メタデータ

散らばるの関連情報