コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散る/離る アル

デジタル大辞泉の解説

あ・る【散る/離る】

[動ラ下二]離れる。ちりぢりになる。遠ざかる。
「さまに従ひて、ここをば―・れはてじ、となむ思ふを」〈早蕨

ち・る【散る】

[動ラ五(四)]
花や葉が、茎や枝から離れて落ちる。「花が―・る」

㋐まとまっていたものがばらばらになって広がる。断片となって方々へ飛ぶ。「ガラスが粉々に―・る」「波が―・る」「火花が―・る」
㋑集まっていたものが別れ別れになる。散らばる。「全国に―・ってしまった同窓生」
ちりぢりに消えてなくなる。「雲が―・る」「霧が―・る」
はれやしこりなどがなくなる。「肩のこりが―・る」「毒が―・る」
にじんで広がる。しみて広い範囲にわたる。「墨が―・る」
気持ちがあちこちに移って落ち着かなくなる。心が一つのことに集中できなくなる。「気が―・る」
世間に知れわたる。広まる。「うわさが―・る」
人がいさぎよく死ぬ。多く戦死することをいう。「の海に―・る」「花と―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちる【散る】

( 動五[四] )
花や葉が茎や枝から離れて落ちる。 「花が-・る」 「木の葉が-・る」
一か所にまとまっていた人や物が分かれて広がる。 「卒業生が各地に-・っていく」 「集めた美術品も今ではあちこちに-・ってしまった」
断片が四方に飛ぶ。 「ガラスの破片が-・る」 「水しぶきが-・る」
ちらかる。ちらばる。 「廊下に紙くずが-・っている」
れ・痛みが薄らぐ。 「できものが-・る」
墨・インクなどが紙ににじんだり、はじけたりする。 「この紙はインクが-・ってうまく書けない」
(「気がちる」の形で)精神が集中できない。 「話し声に気が-・って仕事がはかどらない」
雲や霧が吹き払われる。 「霧が-・って山頂が見えてくる」
から)戦いなどで人が死ぬことを美化していう。 「戦いで-・った若者たち」
うわさが世間に広まる。 「さる珍しきことは自づから-・り侍りけるにこそは/大鏡 師輔
[慣用] 花と-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

散る/離るの関連キーワード落花情あれども流水意無し散り乱れる・散乱れるスプラッタームービー飛び散る・飛散る舞い散る・舞散る波飛沫・波しぶきワインバスケット空に知られぬ雪十月の木の葉髪木っ端微塵木の葉時雨木の下風消え難て入相の鐘群めかす花と散る道も狭に朝開暮落静心無し木の葉髪

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android