コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散る/離る アル

3件 の用語解説(散る/離るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あ・る【散る/離る】

[動ラ下二]離れる。ちりぢりになる。遠ざかる。
「さまに従ひて、ここをば―・れはてじ、となむ思ふを」〈・早蕨〉

ち・る【散る】

[動ラ五(四)]
花や葉が、茎や枝から離れて落ちる。「花が―・る」

㋐まとまっていたものがばらばらになって広がる。断片となって方々へ飛ぶ。「ガラスが粉々に―・る」「波が―・る」「火花が―・る」
㋑集まっていたものが別れ別れになる。散らばる。「全国に―・ってしまった同窓生」
ちりぢりに消えてなくなる。「雲が―・る」「霧が―・る」
はれやしこりなどがなくなる。「肩のこりが―・る」「毒が―・る」
にじんで広がる。しみて広い範囲にわたる。「墨が―・る」
気持ちがあちこちに移って落ち着かなくなる。心が一つのことに集中できなくなる。「気が―・る」
世間に知れわたる。広まる。「うわさが―・る」
人がいさぎよく死ぬ。多く戦死することをいう。「南の海に―・る」「花と―・る」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちる【散る】

( 動五[四] )
花や葉が茎や枝から離れて落ちる。 「花が-・る」 「木の葉が-・る」
一か所にまとまっていた人や物が分かれて広がる。 「卒業生が各地に-・っていく」 「集めた美術品も今ではあちこちに-・ってしまった」
断片が四方に飛ぶ。 「ガラスの破片が-・る」 「水しぶきが-・る」
ちらかる。ちらばる。 「廊下に紙くずが-・っている」
れ・痛みが薄らぐ。 「できものが-・る」
墨・インクなどが紙ににじんだり、はじけたりする。 「この紙はインクが-・ってうまく書けない」
(「気がちる」の形で)精神が集中できない。 「話し声に気が-・って仕事がはかどらない」
雲や霧が吹き払われる。 「霧が-・って山頂が見えてくる」
から)戦いなどで人が死ぬことを美化していう。 「戦いで-・った若者たち」
うわさが世間に広まる。 「さる珍しきことは自づから-・り侍りけるにこそは/大鏡 師輔
[慣用] 花と-

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone