四散(読み)シサン

デジタル大辞泉 「四散」の意味・読み・例文・類語

し‐さん【四散】

[名](スル)四方に散ってちりぢりになること。「ガラスが割れて四散する」「一家四散する」
[類語]失う遺失散逸滅失流失消失消滅消散忘失雲散霧散雲散霧消離散飛散立ち消え消える失せる散る失する無くなる無くす無くする無くなす喪失する亡失する紛失する落とす払拭集散離合結集集合集結糾合集中凝集密集蝟集いしゅう群集集積拡散分散散開ちらばらまばらぱらぱらばらばらちらほらぽつぽつちりぢりちりぢりばらばらてんでんばらばらてんでばらばら離れ離れすかすか点在散在散乱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「四散」の意味・読み・例文・類語

し‐さん【四散】

  1. 〘 名詞 〙 一緒だったものや人が四方に散り去ること。ちりぢりになること。あたり一面に広がること。離散。
    1. [初出の実例]「庭梅盛開、芬芳四散」(出典:明月記‐治承四年(1180)二月一四日)
    2. 「ついに一家は四散しなければならなかったのであります」(出典:真空地帯(1952)〈野間宏〉三)
    3. [その他の文献]〔鮑照‐春羈詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「四散」の読み・字形・画数・意味

【四散】しさん

四方に飛び散る。唐・杜牧〔早鴈〕詩 金河、秋ばにして弦(弓)開き 雲外飛して、四散すること哀(かな)し 仙掌(台)らかにして、(よぎ)り 長門(宮)燈うして、數聲來(きた)る

字通「四」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android