霧散(読み)むさん

精選版 日本国語大辞典「霧散」の解説

む‐さん【霧散】

〘名〙 がはれて散ること。また、霧がはれるように、あとかたもなく消えてしまうこと。雲散霧消
※後裔の街(1946‐47)〈金達寿〉四「絶対的な慣習の力によってたちまち霧散してしまうに違いない」 〔曹植‐七啓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「霧散」の解説

む‐さん【霧散】

[名](スル)霧のようにあとかたもなく消えること。雲散霧消。「邪念が霧散する」
[類語]雲散離散四散消える散る消滅払拭雲散霧消消散散逸飛散集散離合結集集合集結糾合集中凝集密集蝟集いしゅう群集集積拡散分散散開

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android