コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数式処理 すうしきしょり

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

数式処理

コンピューターを使って、数式を用いて結果を導き出すこと。数値を用いる場合と比べて、誤差が生じず正確な結果を導き出せる。数式処理を用いたプログラミング言語を数式処理言語という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すうしきしょり【数式処理 formula manipulation】

数式処理とは,多項式因数分解三角関数の不定積分などの計算をコンピューターで実行することである。より詳細には,コンピューター内部の数式表現法を工夫し,効率的な計算法を考案して,ソフトウェアとして実現し,物理学や数学などの計算に役立てることである。コンピューターによる科学技術計算といえば,かつては数値計算を意味していたが,近年は数式処理技術が進歩し,大学レベルの計算でもたちどころに実行するまでになり,数式処理と数値計算およびグラフィック出力を一体化したシステムが普及してきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数式処理
すうしきしょり
formula manipulation

コンピュータで単に数値計算をさせるだけでなく,数式そのものを扱わせて代数的演算をさせる方法。因数分解初等関数積分などができる。アメリカ合衆国ではマサチューセッツ工科大学 MITの MACSYMA,ユタ大学の REDUCEなどのシステムが実用化されている。今後は高等数学の解法のアルゴリズム開発などが課題とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

数式処理
すうしきしょり
formula manipulation

数式を式のままコンピュータによって処理する仕事、技術、またはその技術を研究する学問分野をいう。処理の内容は、多項式の加減乗、微分、式の代入・展開・整理などが基本的なもので、このほか有理式演算、最大公約多項式の計算、数式を要素とする行列や行列式の計算、数式を係数とする一次方程式の解法、有理式の不定積分、多項式の因数分解などが研究されている。
 歴史的には、1950年代の末から60年代にかけて行われた天文学における膨大な数式の処理をコンピュータを用いて自動化あるいは半自動化する試みと、人工知能の研究における大学初年程度の積分(不定積分)の問題を発見的に解くアメリカのスレイグルJ. R. Slagleのプログラムの成功などに始まる。現在は、人工知能における発見的手法よりは、数式の処理のため代数計算のアルゴリズム化、およびその効率化の方向で研究が進められている。代表的な数式処理システム(CAS)として、アメリカのマサチューセッツ工科大学のMACSYMA(マクシマ)およびユタ大学を中心とするREDUCE(リデュース)などが有名である。[米澤明憲]
『伊理正夫他著『岩波講座 情報科学23 数と式と文の処理』(1981・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

数式処理の関連キーワードMathematica記号処理

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数式処理の関連情報