コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文壇人物評論 ぶんだんじんぶつひょうろん

2件 の用語解説(文壇人物評論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文壇人物評論
ぶんだんじんぶつひょうろん

正宗白鳥の評論集。 1932年刊。のち『作家論』一,二と改題。改造社版『現代日本文学全集』に収録された河竹黙阿弥以下の全作家について行なった人物評論。作者独自の人間把握と批評眼が歯切れのよい文章で述べられて評判になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんだんじんぶつひょうろん【文壇人物評論】

正宗白鳥の評論。1932年7月,中央公論社刊。のち《作家論》(〈一〉〈二〉,1941‐42)として増補改編し,創元社刊。〈二〉には〈西鶴〉が加えられた。〈文学の民衆化〉に大きな役割を果たした代表的な円本である改造社版《現代日本文学全集》の刊行(1926‐31)に合わせるかたちで,順次作家をとりあげ,26年以降《中央公論》に書きついだものに《明治文壇総評》を添えてまとめられた。夏目漱石徳富蘇峰徳冨蘆花尾崎紅葉岩野泡鳴,森鷗外,正岡子規樋口一葉高山樗牛田山花袋二葉亭四迷,河竹黙阿弥,芥川竜之介小山内薫徳田秋声幸田露伴志賀直哉葛西善蔵島崎藤村谷崎潤一郎佐藤春夫,菊池寛,永井荷風の各論を収めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文壇人物評論の関連キーワード正宗敦夫中央公論中央公論社藤田圭雄青地晨粕谷一希嶋中鵬二辻村乙未畑中繁雄林田春潮

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文壇人物評論の関連情報