コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文月 フヅキ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐づき【文月】

《「ふつき」とも》陰暦7月の異称。ふみづき。 秋》

ふみ‐づき【文月】

陰暦7の異称。ふづき。 秋》「―や六日も常の夜には似ず/芭蕉

ふん‐づき【文月】

ふみづき」の音変化。
「―の四五日ばかり」〈後撰・秋上・詞書〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

文月

七月。の含月(ふくみづき)の

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

タレントデータバンクの解説

文月


芸名

性別
女性

生年月日
/07/11

星座
かに座

血液型
AB

出身地
山梨県

身長
166cm

靴のサイズ
23.5cm

職種
タレント・俳優・女優

好きなスポーツ
新体操

資格・免許
食物検定3級

趣味・特技
新体操(約10年間)/食物検定(3級)/映画鑑賞/ファッションコーディネート/ウォーキング

プロフィール
女優として活躍。主な出演作品に、フジテレビ『キャビンアテンダント』、テレビ東京『亜愛一郎の事件簿』、映画『生贄ジレンマ』など多数出演。

代表作品
フジテレビ『キャビンアテンダント』 / テレビ東京『亜愛一郎の事件簿』 / 映画『生贄のジレンマ』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ふづき【文月】

陰暦七月の異名。ふみづき。 [季] 秋。

ふみづき【文月】

陰暦七月の異名。ふづき。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文月
ふみづき

陰暦7月の異称。単に「ふづき」ともいい、七夕(たなばた)月、女郎花(おみなえし)月などの称や、親月(おやづき)、蘭月(らんげつ)、涼月(りょうげつ)などの漢名もある。季は三秋の初めの月で、7日には七夕、月なかばには祖先の霊を祀(まつ)る盂蘭盆会(うらぼんえ)の行事がある。語源については、平安末の藤原清輔(きよすけ)の『奥義抄』に「此(こ)の月7日、七夕にかすとて、文どもをひらく故に、文ひろげ月といふを略せり」とあるのをはじめとして、稲の穂のふふみつき(含月)とする『類聚(るいじゅう)名物考』、この月は諸人が親の墓に参詣(さんけい)するからふづき(親月)というとする『和爾雅(わじが)』などの諸説がある。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

文月の関連キーワード富本豊前太夫(2代)文月(業務提携)お妻八郎兵衛物大野(北海道)お妻八郎兵衛北斗(市)一戸 直蔵太陰太陽暦大野[町]杜若艶色紫桜鍔恨鮫鞘村上寿子片山周東一戸直蔵渡島半島ふみの日銀杏物語文月一花函館平野藤井常世

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文月の関連情報