文月(読み)フヅキ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐づき【文月】

《「ふつき」とも》陰暦7月の異称。ふみづき。 秋》

ふみ‐づき【文月】

陰暦7の異称。ふづき。 秋》「―や六日も常の夜には似ず/芭蕉

ふん‐づき【文月】

ふみづき」の音変化。
「―の四五日ばかり」〈後撰・秋上・詞書〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

文月

七月。の含月(ふくみづき)の

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ふづき【文月】

陰暦七月の異名。ふみづき。 [季] 秋。

ふみづき【文月】

陰暦七月の異名。ふづき。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文月
ふみづき

陰暦7月の異称。単に「ふづき」ともいい、七夕(たなばた)月、女郎花(おみなえし)月などの称や、親月(おやづき)、蘭月(らんげつ)、涼月(りょうげつ)などの漢名もある。季は三秋の初めの月で、7日には七夕、月なかばには祖先の霊を祀(まつ)る盂蘭盆会(うらぼんえ)の行事がある。語源については、平安末の藤原清輔(きよすけ)の『奥義抄』に「此(こ)の月7日、七夕にかすとて、文どもをひらく故に、文ひろげ月といふを略せり」とあるのをはじめとして、稲の穂のふふみつき(含月)とする『類聚(るいじゅう)名物考』、この月は諸人が親の墓に参詣(さんけい)するからふづき(親月)というとする『和爾雅(わじが)』などの諸説がある。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文月の関連情報