コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文月 フヅキ

8件 の用語解説(文月の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ‐づき【文月】

《「ふつき」とも》陰暦7月の異称。ふみづき。 秋》

ふみ‐づき【文月】

陰暦7月の異称。ふづき。 秋》「―や六日も常の夜には似ず/芭蕉

ふん‐づき【文月】

ふみづき」の音変化。
「―の四五日ばかり」〈後撰・秋上・詞書〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

文月


芸名
文月

性別
女性

生年月日
/07/11

星座
かに座

血液型
AB

出身地
山梨県

身長
166cm

靴のサイズ
23.5cm

職種
タレント・俳優・女優

好きなスポーツ
新体操

資格・免許
食物検定3級

趣味・特技
新体操(約10年間)/食物検定(3級)/映画鑑賞/ファッションコーディネート/ウォーキング

プロフィール
女優として活躍。主な出演作品に、フジテレビ『キャビンアテンダント』、テレビ東京『亜愛一郎の事件簿』、映画『生贄のジレンマ』など多数出演。

代表作品
フジテレビ『キャビンアテンダント』 / テレビ東京『亜愛一郎の事件簿』 / 映画『生贄のジレンマ』

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文月
ふみづき

陰暦7月の異称。単に「ふづき」ともいい、七夕(たなばた)月、女郎花(おみなえし)月などの称や、親月(おやづき)、蘭月(らんげつ)、涼月(りょうげつ)などの漢名もある。季は三秋の初めの月で、7日には七夕、月なかばには祖先の霊を祀(まつ)る盂蘭盆会(うらぼんえ)の行事がある。語源については、平安末の藤原清輔(きよすけ)の『奥義抄』に「此(こ)の月7日、七夕にかすとて、文どもをひらく故に、文ひろげ月といふを略せり」とあるのをはじめとして、稲の穂のふふみつき(含月)とする『類聚(るいじゅう)名物考』、この月は諸人が親の墓に参詣(さんけい)するからふづき(親月)というとする『和爾雅(わじが)』などの諸説がある。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文月の関連情報