コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博士家 はかせけ

2件 の用語解説(博士家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

博士家
はかせけ

大学寮の教官である博士に代々なる家柄。平安時代中期以降,律令的官人体制の変質に伴い,諸官職に世襲の傾向が現れ,諸道の博士についても次第に特定の家に独占されるにいたった。紀伝道 (文章道) では,菅原,大江の両氏をはじめ,ほかに藤原氏の南家,式家などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はかせけ【博士家】

平安以降、大学寮などにおける博士の職を世襲した家柄。菅原・大江・清原・中原などの各家が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

博士家の関連キーワード寛政の三博士大学別曹大学寮音博士算博士四部の博士書博士世族大学頭明経博士

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone