コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤素巌 さいとうそがん

3件 の用語解説(斎藤素巌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎藤素巌
さいとうそがん

[生]1889.10.16. 東京
[没]1974.2.2. 東京
彫刻家。本名は知雄。 1912年東京美術学校西洋画科を卒業。 13年からロンドンロイヤル・アカデミーに学んで彫刻に転じた。 15年帰国後,第 11回文展に『秋』 (1917) ,次回に『敗残』 (18) ,第1回帝展に『朝暾』 (19) を出品。 26年に日名子実三と構造社を創立して 27年より展覧会を開催,『相』 (27) ,『タイス』 (30) ,『豊穣』 (39) などを出品した。 35年帝国美術院会員,37年帝国芸術院会員第2次世界大戦後は日展に作品を発表。浮彫の大作が得意で典雅な作風を示す。 47年日本芸術院会員。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤素巌 さいとう-そがん

1889-1974 大正-昭和時代の彫刻家。
明治22年10月16日生まれ。イギリスロイヤル-アカデミーで彫刻をまなぶ。大正7年「敗残」が文展で特選。15年日名子実三(ひなこ-じつぞう)らと構造社を結成,彫刻と建築の融合を主張した。戦後は日展に作品を発表した。芸術院会員。昭和49年2月2日死去。84歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は知雄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤素巌
さいとうそがん
(1889―1974)

彫刻家。東京生まれ。本名知雄。1912年(明治45)東京美術学校西洋画科を卒業。翌年渡英しロンドンのロイヤル・アカデミーで彫刻を学び15年(大正4)に帰国、17年第11回文展に『秋』が初入選、翌年『敗戦』が特選となり、19年第1回帝展には『朝暾(ちょうとん)』を無鑑査出品した。26年日名子実三(ひなこじつぞう)らと美術団体「構造社」を結成、毎年展覧会を開き、そのテーマとしてしばしば建築と彫刻の融合を試みた。35年(昭和10)帝国美術院会員。44年構造社を解散し、第二次世界大戦後は日展を発表の場とした。ほかに『タイス』(1930)、『豊穣(ほうじょう)』(1938)などの代表作がある。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の斎藤素巌の言及

【明治・大正時代美術】より

…浅野孟府(もうふ)がアクション展にアルキペンコの影響を受けた作品を出品し,また三科展には,ダダのオブジェ風の作品が現れたが,試みを超える展開を見せるまでには至らなかった。26年斎藤素巌(そがん)(1889‐1974),日名子実三(ひなこじつぞう)(1893‐1945)らは,建築と彫刻の結びつきを主張して構造社を結成する。また同年,国画創作協会に彫刻が加わったとき,ブールデルに学んで帰国した金子九平次(くへいじ)(1895‐1968)が中心となったが,28年に同会が国画会に改組すると,高村光太郎,清水多嘉示(たかし)(1897‐1981),高田博厚(ひろあつ)(1900‐87)らが加わった。…

※「斎藤素巌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

斎藤素巌の関連キーワード饗庭篁村広島(市)森有礼メネリク[2世]ストレンジ二葉亭四迷ペルス=ライケンマクブライドメタテクシス斑晶

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone