コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断腸 ダンチョウ

3件 の用語解説(断腸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だん‐ちょう〔‐チヤウ〕【断腸】

はらわたを断ち切ること。はらわたがちぎれるほど、悲しくつらいこと。「断腸の思い」
[補説]中国、晋の武将、桓温三峡を旅したとき、従者が捕らえた子猿を追って母猿が百里あまり岸伝いについてきて、やっと船に飛び移り、そのまま息絶えた。その腹をさくと腸はみなずたずたに断ち切れていたという「世説新語」黜免(ちゅつめん)の故事による。書名別項。→断腸

だんちょう【断腸】[書名]

《原題、〈フランスLe crève-cœurアラゴンの詩集。1941年刊。第二次大戦時フランスの代表的なレジスタンス詩集の一つ。断腸詩集。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だんちょう【断腸】

( 名 ) スル
〔はらわたがちぎれるの意〕
はなはだしく悲しみ苦しむこと。また、そのような悲しみや苦しみ。 「 -の思い」 「母と妹とを思ひては-せり/欺かざるの記 独歩」 〔中国、晋しんの武将桓温かんおんが舟で三峡を渡ったとき、従者が猿の子を捕らえて舟にのせた。母猿が悲しい泣き声をたてながら岸沿いにどこまでも追ってきて、ついに舟に跳び移ることができたが悶死した。その腹をさいてみると腸がずたずたであったという世説新語「黜免ちゆつめん」の故事が知られる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

断腸の関連キーワード九腸寸断す錦繡の腸腸が腐る腸がちぎれる腸を断つ打ち切れる腹骨腸が煮え返る腸が見え透くわた

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

断腸の関連情報