新居関(読み)あらいのせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新居関
あらいのせき

現在の静岡県湖西市にあった関所。「荒井」「新井関」とも書き,「今切関 (いまぎれのせき) 」ともいう。東海道要地であったことから,慶長5(1600)年徳川家康が創設。初め幕府直轄であったが,元禄15(1702)年豊橋城主の管轄下に入り,箱根関とともに厳重な通行取り調べが行なわれた。明治2(1869)年に廃止。地震や津波による被災と移転を繰り返したが,安政2(1855)年に改築された建物が残されており,現存する唯一の関所建物として国の特別史跡に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

新居関【あらいのせき】

東海道の遠江国新居宿(現静岡県湖西市新居町)東端に置かれた関所今切(いまぎれ)関ともいう。当初は幕府が旗本を関所奉行として派遣したが,1702年からは三河国吉田藩が管理した。江戸時代,もっとも規模の大きい関所の一つとされ,役人は奉行以下,侍・足軽がそれぞれ20人ほど,同心10人,改め女2人の50余名がおり,常備武具として弓25張・鉄砲25挺なども備えられていた。警戒は厳重で,裏関所として浜名(はまな)湖北岸の姫街道に気賀(けが)関(静岡県浜松市細江町),その北東方に金指(かなさし)関(同県浜松市引佐町)があったほか,浜名湖周辺数十ヵ村に関所検閲の役が課せられた。1869年廃止。遺構は国の特別史跡に指定され,東隣には関所史料館がある。
→関連項目新居[町]今切渡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あらいのせき【新居関】

東海道のほぼ中間に位置する遠江国(静岡県)新居宿東端の関所。今切渡(いまぎれのわたし)に併設され,今切関ともいう。最初は江戸幕府直轄で1000石から4000石余取り程度の旗本が新居関所奉行として赴任。1702年(元禄15)からは三河国(愛知県)吉田藩にその管理を委嘱。関所は常備武具として弓25張,鉄砲25丁のほか各種が完備し,役人も奉行以下,侍・足軽がそれぞれ20名前後,同心10名,改め女2名のつごう50名余が常駐。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android