コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖西市(読み)こさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖西〔市〕
こさい

静岡県南西端,浜名湖の西岸にある市。西は愛知県と接する。1955年白須賀町,鷲津町の 2町と新所村,入出村,知波田村の 3村が合体して湖西町となり,1972年市制。2010年新居町を編入。遠州灘に臨む白須賀,新居は,かつては東海道宿場町として発展。新居には慶長5(1600)年に徳川家康が創設した関所である新居関(国指定特別史跡)が残る。湖岸にある中心市街地の鷲津は豊田佐吉出生地で,明治以後綿織物工業が興り,その後も繊維を中心に発達。第2次世界大戦後,産業の中心は自動車部品や電機部品関係の精密工業へと移行。農村部では花卉の集団栽培,ミカンの栽培が行なわれ,沿岸部ではウナギ,ノリの養殖,シラス,ボラなどの漁業が行なわれる。浜名湖,本興寺(国指定重要文化財),潮見坂など観光資源にも恵まれ,市域の一部は浜名湖県立自然公園に属する。東端にある新弁天島(→弁天島)はアサリの潮干狩り,海水浴で知られる。海岸部を国道1号線が,湖岸を 301号線,JR東海道本線,天竜浜名湖鉄道が通る。面積 86.56km2。人口 5万9789(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湖西市の関連情報