コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新島八重子 にいじま やえこ

2件 の用語解説(新島八重子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新島八重子 にいじま-やえこ

1845-1932 明治時代の教育者。
弘化(こうか)2年11月3日生まれ。山本覚馬の妹。戊辰(ぼしん)戦争では会津(あいづ)籠城に参加。明治9年同志社の創立者新島襄(じょう)と結婚。以後,夫とともにキリスト教の伝道と子女の教育につとめ,同志社女子部の基礎をつくった。昭和7年6月14日死去。88歳。陸奥(むつ)会津(福島県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

新島八重子

没年:昭和7.6.14(1932)
生年:弘化2(1845)
戊辰戦争会津若松城の戦で,銃をもって戦った会津藩士の娘。明治期の教育者。会津藩砲術師範山本権八の娘。兄覚馬から洋銃の実戦操作を学ぶ。会津籠城戦(1868)の際には,男装しスペンサー銃を肩に担いで入城。ときには夜襲戦にも参加した。開城後,男装のまま捕虜となるが,女性であることが判り追放される。明治4(1871)年,京都へ行き,失明した覚馬(のち京都府顧門)を助ける。女紅場(明治5年4月,京都府女学校)の教師をし,同志社を覚馬の協力で創立した新島襄と再婚。式の前日に受洗,キリスト教式結婚式をあげる。以後同志社の経営に参加し,伝道と女子教育に尽くした。夫の死後は学校経営の傍ら,日赤篤志看護婦人会の幹部となり,日清・日露戦争の際は,予備病院で救護活動に参加した。<著作>「男装して会津城に入りたる当時の苦心」(『婦人世界』1909年11月号)<参考文献>「新島八重子刀自米寿記念号」(同志社校友同窓会報61号)

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新島八重子の関連キーワード会津会津藩会津若松市白虎隊会津城会津若松花春上田伊閑萱野権兵衛間瀬みつ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone