コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新島八重 ニイジマヤエ

デジタル大辞泉の解説

にいじま‐やえ〔にひじまやへ〕【新島八重】

[1845~1932]教育家会津の生まれ。襄(じょう)の妻。旧姓、山本。会津戦争では籠城に参加し、新政府軍と戦った。維新後はキリスト教の布教と子女の教育に尽力し、同志社女学校(同志社女子大学の前身)の設立に貢献。日清日露戦争では日本赤十字社の篤志看護婦として活躍した。新島八重子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新島八重
にいじまやえ
1845―1932

女子教育家、キリスト教伝道家。会津藩砲術師範役山本権八長女。兄はのち京都府会議長の山本覚馬(かくま)。1868年(明治1)会津戦争のおり、藩主面前で砲術の進講役を務め、男装して7連発銃をもって新政府軍に応戦するなどの逸話をもつ。1871年兄を頼って京都に行き、英語を学ぶ。のち、新英学校及(および)女紅場(にょこうば)の教師となる。1876年旧柳原邸に女子塾を開き、同志社女子大学の基礎をつくった。同1876年かねてより聖書を習っていた新島襄(じょう)と結婚。日清(にっしん)・日露戦中、篤志看護婦となった功により叙勲。[岩堀容子]
『同志社社史資料室編『山本覚馬・新島八重――その生涯』改訂増補版(1989・同志社本部庶務課) ▽永澤嘉巳男編『新島八重子回想録』復刻(1996・大空社) ▽福本武久著『新島襄とその妻』(2012・新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新島八重の関連キーワード新島 八重子八重たん梅田千代新島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android