コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新浦 しんぽ

3件 の用語解説(新浦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

新浦【しんぽ】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡南道日本海岸にある港市。前面に馬養島を擁し,二つの岬に囲まれる天然の良港。メンタイ,グチなどの漁獲は全国屈指。水産加工やかん詰の工場をはじめ造船所,漁具工場などがある。
→関連項目咸鏡南道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんぽ【新浦 Sinp‘o】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡南道の日本海沿岸にある都市。前面の海上に浮かぶ馬養島が外海からの風波をさえぎり天然の良港を有する。ニシンスケトウダラなどを主とする日本海漁業の開発とともに都市化が進み,1960年には市制がしかれ,大型冷凍工場,缶詰,造船工業など関連産業が発達し,共和国の中心的な水産業基地となっている。そのほか製紙,ディーゼルエンジン水産物加工機械などの工場も建設された。1997年から韓,日,米の協力で琴湖地域に軽水炉原子力発電所が造成中である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新浦
しんぽ / シンポ

北朝鮮、咸鏡南道(かんきょうなんどう/ハムギョンナムド)にあり、日本海に臨む港市。港は4キロメートル前面に馬養島(ばようとう/マヤント)を囲む天然の良港。湾内は波静かで、白砂の海底はメンタイ(スケトウダラ)の産卵場である。漁期にはメンタイの大群が押し寄せ、北朝鮮第一のメンタイ漁業根拠地である。缶詰工場、水産加工場をはじめ水産研究所、造船所がある。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新浦の関連キーワード咸鏡南道北朝鮮慈江道朝鮮民主主義人民共和国元山咸興金策人民民主主義冠帽峰脱北

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新浦の関連情報