新海竹蔵(読み)しんかいたけぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「新海竹蔵」の解説

新海竹蔵
しんかいたけぞう

[生]1897.6.12. 山形
[没]1968.6.13. 東京
彫刻家。仏師の家に生れる。 1912年上京し,伯父新海竹太郎彫塑を学ぶ。 15年第9回文展に『母子』が初入選,24年第 11回再興院展木彫姉妹』が入選し,そののち同人となる。木彫,塑像ともによくした。 52年から東京教育大学講師として後進を指導。 54年には第1回現代美術展出品の『少年』が芸術選奨文部大臣賞を受賞。 61年 SAS (彫刻家集団) を結成し,63年国画会に合流して彫刻部を再興した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「新海竹蔵」の解説

新海竹蔵 しんかい-たけぞう

1897-1968 大正-昭和時代の彫刻家。
明治30年6月12日生まれ。伯父の新海竹太郎に彫塑をまなぶ。大正4年文展に「母子」が初入選。以後,院展で活躍。昭和2年日本美術院同人となる。戦後乾漆手法を工夫し,「少年トルソー」などを制作。36年桜井祐一らと彫刻家集団S・A・Sを結成。のち国画会の会員となる。昭和43年6月13日死去。71歳。山形県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android