コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新海竹蔵 しんかいたけぞう

2件 の用語解説(新海竹蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新海竹蔵
しんかいたけぞう

[生]1897.6.12. 山形
[没]1968.6.13. 東京
彫刻家。仏師の家に生れる。 1912年上京し,伯父新海竹太郎に彫塑を学ぶ。 15年第9回文展に『母子』が初入選,24年第 11回再興院展に木彫『姉妹』が入選し,そののち同人となる。木彫,塑像ともによくした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新海竹蔵 しんかい-たけぞう

1897-1968 大正-昭和時代の彫刻家。
明治30年6月12日生まれ。伯父の新海竹太郎に彫塑をまなぶ。大正4年文展に「母子」が初入選。以後,院展で活躍。昭和2年日本美術院同人となる。戦後は乾漆の手法を工夫し,「少年トルソー」などを制作。36年桜井祐一らと彫刻家集団S・A・Sを結成。のち国画会の会員となる。昭和43年6月13日死去。71歳。山形県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

新海竹蔵の関連キーワード木内克橋本平八金子九平次木内輝小室達清水三重三内藤藤一郎中川清(2)中島快彦橋本朝秀

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新海竹蔵の関連情報