コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥屋野潟 とやのがた

3件 の用語解説(鳥屋野潟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥屋野潟
とやのがた

新潟県中部,新潟平野の中北部にある新潟市の中心市街地がある中央区の南部に位置する。面積 1.9km2。かつては亀田郷の水郷と呼ばれた海抜 0m地帯の中心。田舟で稲を運んだ低湿地であったが,第2次世界大戦後,東の栗ノ木川に排水機場ができ,さらに国の亀田郷土地改良事業が進められ,二毛作が可能な乾田となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とやのがた【鳥屋野潟】

新潟県新潟市南部にある潟湖。かつて亀田郷と呼ばれた信濃川阿賀野川小阿賀野川に囲まれた低湿地の最低部を占める。面積1.8km2。東西4km,南北1kmの紡錘形で,湖底標高は平均-3m。東端で栗ノ木川が流入し,西端より1.5kmの排水路で信濃川に結ばれる。出口の親松排水機場が1963年に完成後,水位調節が可能となり,周辺の湿田地帯の乾田化が進んだ。湖の周辺は桜の名所。新潟市南部の都市化に伴い汚染が進み,埋立計画が出されたこともあったが,その後周辺を整備して都市公園とする計画が97年現在進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥屋野潟
とやのがた

新潟県南部、信濃(しなの)川右岸にある潟湖(せきこ)。蒲原(かんばら)砂丘列裏側のラグーン低湿地で、東西の長さ4キロメートル、幅1キロメートル。現在蒲原平野に残されている唯一の潟湖である。かつては亀田郷の水郷とよばれたゼロメートル地帯の中心をなし、田下駄(たげた)で田植をした。沼田の周りは稲架林(はざばやし)の景観がみごとで、田舟で稲を運んだ代表的低湿地帯であった。第二次世界大戦後、潟東から排水される栗ノ木(くりのき)川に大排水場ができ、さらに国の亀田郷土地改良事業が進められて、現在は二毛作が可能な乾田にかわっている。1957年(昭和32)潟の所属した曽野木(そのぎ)村が新潟市に合併(江南区)してからは、市民の憩いの場として観光化が進み、湖畔は桜の名所で湖上の船遊びが楽しめ、野球場や総合グラウンドもある。湖岸女池南(めいけみなみ)の県立自然科学館は子供たちの生きた科学との出会いの場として全国有数の施設を誇っている。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥屋野潟の関連キーワード新潟県新潟市南区味方新潟県新潟市南区天野新潟県新潟市南区和泉新潟県新潟市南区大別當新潟県新潟市江南区亀田新潟県新潟市南区小坂新潟県新潟市南区清水新潟県新潟市南区田尾新潟県新潟市南区田中新潟県新潟市南区真木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥屋野潟の関連情報