コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新羅焼 しらぎやきSinra t'ogi

2件 の用語解説(新羅焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新羅焼
しらぎやき
Sinra t'ogi

新羅土器ともいう。朝鮮,三国時代の新羅および新羅統一時代の硬質土器をいう。1~2世紀頃,中国の叩文土器の技術的影響を受けて生じた青灰色陶質土器,すなわち金海式灰陶 (原始新羅焼ともいう) に源流をもち,特に三国時代に発達し,木槨積石塚中から大量に発見される。表飾として,器体に人物や動物の小像をつけたり,流水文,鋸歯文などの幾何学文が流行した。新羅統一時代には仏教の影響を受けて蔵骨器が発達し,文様も細密複雑なものに変っていき,施釉のものも存する。日本の須恵器は,新羅焼の技術的影響のもとに発生した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新羅焼
しらぎやき

朝鮮半島で古代に焼かれた還元焼成の(せっき)の総称。新羅土器ともいい、素地(きじ)は堅緻(けんち)でねずみ色に焦げ、自然釉(ゆう)がかかることもある。日本の須恵器(すえき)の母胎でもあるが、燻(いぶ)し焼きをして炭素を素地肌にしみ込ませてあり、中国でいう灰陶(かいとう)に属する。灰陶の焼成には窯を必要とするが、築窯、還元焼成、そしてろくろ(轆轤)を使った成形と三大技術を駆使した新羅焼の登場は、朝鮮半島の陶磁史に画期を築くもので、おそらく中国大陸からの技術導入により試みられた新しい焼物であったろう。その原型の出現時期は原三国時代(1~3世紀ごろ)とする説があり、三国(高句麗(こうくり)・百済(くだら)・新羅(しらぎ))鼎立(ていりつ)時代の4世紀以後のいわゆる新羅焼は、新羅、百済、伽耶(かや)の3種類に分けて研究が進められているが、それぞれ微妙に作風を異にする。668年に新羅王朝が朝鮮半島を統一したのちも新羅焼は隆盛し、918年建国の高麗(こうらい)時代になっても焼成技法は受け継がれて、長い韓国陶磁史の重要な支柱となった。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone