コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新関良三 にいぜきりょうぞう

3件 の用語解説(新関良三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新関良三
にいぜきりょうぞう

[生]1889.8.4. 山形
[没]1979.4.27. 神奈川
演劇学者,ドイツ文学者。 1923年東京大学独文科卒業。 38年『シラーギリシア悲劇』で文学博士となる。 58年『ギリシアローマ演劇史』 (7巻) により日本学士院賞日本芸術院賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新関良三 にいぜき-りょうぞう

1889-1979 大正-昭和時代のドイツ文学者,演劇研究家。
明治22年8月4日生まれ。戦前は四高,学習院の教授,戦後は埼玉大学長などを歴任。「ギリシャ・ローマ演劇史」で昭和33年芸術院賞,学士院恩賜賞。42年文化功労者。昭和54年4月27日死去。89歳。山形県出身。東京帝大卒。旧姓は平泉。著作に「シラーと希臘(ギリシヤ)悲劇」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新関良三
にいぜきりょうぞう
(1889―1979)

独文学者、演劇学者。山形県生まれ。東京帝国大学独文科卒業。旧制四高、学習院教授を経て、第二次世界大戦後、埼玉大学長、共立女子大文芸学部長となる。西洋古典演劇、ドイツ演劇の研究に成果をあげ、主著に『シラーと希臘(ギリシア)悲劇』、『ギリシャ・ローマ演劇史』全七巻がある。後者によって学士院恩賜賞、芸術院賞を受賞。学士院会員、1967年(昭和42)文化功労者。ほかにブルクハルト『ギリシア文化史』の翻訳がある。[高橋英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新関良三の関連キーワード木村謹治池田浩士伊藤吉之助内山貞三郎鹿子木コルネリア上村清延斎藤真(1)関口存男不破章村山浩一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone