新SNA(読み)しんエスエヌエー

百科事典マイペディアの解説

新SNA【しんエスエヌエー】

1968年国連が提唱した新国民経済計算体系New System of National Accountsの略で,日本で採用されている国民所得統計の包括的体系。従来の投資,生産,消費を柱にしていた国民所得統計(旧SNA)に加えて産業間取引,金融取引,海外との取引,国民の資産・負債に関する統計をも含み,経済各部門の相互依存関係,ストック・フローの関係の把握に有用とされる。→国民経済計算
→関連項目国内総生産国民総生産

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android