コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新SNA しんエスエヌエー

2件 の用語解説(新SNAの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

新SNA【しんエスエヌエー】

1968年国連が提唱した新国民経済計算体系New System of National Accountsの略で,日本で採用されている国民所得統計の包括的体系。従来の投資,生産,消費を柱にしていた国民所得統計(旧SNA)に加えて産業間取引,金融取引,海外との取引,国民の資産・負債に関する統計をも含み,経済各部門の相互依存関係,ストックフローの関係の把握に有用とされる。
→関連項目国内総生産国民総生産

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

新SNAの関連キーワードSNA93SNAGNP経済成長厚生経済学国民経済国民経済計算体系内需外需食料産業

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone