コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新SNA しんエスエヌエー

百科事典マイペディアの解説

新SNA【しんエスエヌエー】

1968年国連が提唱した新国民経済計算体系New System of National Accountsの略で,日本で採用されている国民所得統計の包括的体系。従来の投資,生産,消費を柱にしていた国民所得統計(旧SNA)に加えて産業間取引,金融取引,海外との取引,国民の資産・負債に関する統計をも含み,経済各部門の相互依存関係,ストック・フローの関係の把握に有用とされる。→国民経済計算
→関連項目国内総生産国民総生産

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

新SNAの関連キーワードストーン(John Richard Nicholas Stone)ジョン・リチャード・ニコラス ストーンフィスカル・インディケーター市場価格表示・要素費用表示国民および部門別貸借対照表コモディティー・フロー法経済活動別国内総生産国内総固定資本形成産業別商品投入表産業別商品産出表キャピタルゲイン季節調整済み計数社会生活統計指標社会人口統計体系非金融無形資産国民貸借対照表実質国内総生産貯蓄投資差額国民福祉指標国民所得勘定

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android