コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方形台状墓 ほうけいだいじょうぼ

1件 の用語解説(方形台状墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほうけいだいじょうぼ【方形台状墓】

弥生時代後期を中心に流行した墓制の一種。尾根や台地上の高まりを方形に整えて墓域を画する。まれに側面を塊石で覆うことがある。辺長が10mに満たないものから,30mを超すものまである。土坑墓(土壙)など他の墓制とともに群集して営まれる場合が多い。墓域内にはふつう1~数基の埋葬施設を有し,土器を供献した形跡も少なからずみられる。埋葬施設の種類には木棺直葬墓や土坑墓が多く,ほかに竪穴式石室箱形石棺などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の方形台状墓の言及

【墳墓】より

…近畿地方で前期からつくられる方形周溝墓は,平面方形ないし長方形(1辺10m内外)の盛土(高さ1m前後)の周囲に溝をめぐらし,盛土上に木棺墓,土壙墓,壺棺墓などを設けたものであって,東海地方で中期,関東地方で中期末,九州では古墳時代初期につくられる。溝を掘らない墳丘台状墓(方形台状墓)が発達する吉備地方に,方形周溝墓がないことは注目される。おもに中部以東の墓制として壺棺墓がある。…

【弥生文化】より

…長手の坑墓(墓穴のみが検出される墓。いわゆる土壙墓)と短い坑墓とを併せ用いた時期(III期)を経て,丘陵の土を方形に削り出して整えた方形台状墓の内外に長手の坑墓を作り(IV期),そして弥生時代の末(V期)には,丘陵を利用して部分的に形を整え,石を敷き,また立てて,ていねいな作りの特殊壺・特殊器台と呼ぶ土器を並べた大規模な〈墳丘墓〉が出現している。 北部九州,吉備と対照的なのは畿内地方である。…

※「方形台状墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone