コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方等みゆき ほうとう みゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

方等みゆき ほうとう-みゆき

1896-1958 昭和時代の詩人。
明治29年生まれ。夫の死後,郷里の富山県で高岡高女の教師となる。「日本海詩人」や佐藤惣之助の「詩之家」の同人となる。昭和6-12年「女人詩」を主宰,発行した。昭和33年9月死去。62歳。京都女子高等専門学校(現京都女子大)卒。本名は高松翠。詩集に「しんでれら」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

方等みゆきの関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android